Monday, March 31, 2014

くじら イルカ 捕鯨 日本

なぜ日本は鯨漁業をあきらめないのか?

先日世界の法律で鯨捕獲が違法と判決が出ました。

でも日本の”地元”の漁業はまだ捕獲してもよいらしい。日本の地元住民の主張としては「伝統ですから私たちは獲りつづけます」という。

伝統とは何か日本人の私にもわからず、ニュースもそのコメント以外につっこむこともせず、尻切れのようなニュースでした。

今日は家族でそのことについて調べました。いるかについてのドキュメンタリーがそのことについて答えていました。これは予告編です。映画祭でドキュメンタリー部門で賞をとった、アメリカ人が日本の警察につきまとわれ、ヤクザに暴言を吐かれ嫌がらせを受けながら、日本で”違法に”盗撮した、イルカ殺戮の、いやイルカ漁の映像と多額のお金が動く、日本政府ぐるみのイルカビジネスの実状。



日本のタイジ(太地)という町で、”伝統的”手法によるイルカ漁が今も続いています。政府もそのことを容認しており、毎年世界からの風当たりが強くなっている鯨漁船の出航に護衛船をつけ、その予算も地震後の核汚染された地域への復興に当てるべきものからけずって充てている、とアメリカの記事では話しています。

イルカは鯨と同種であるが小さいので、鯨に関する法律は当てはまらない、という言い分のもとに漁を続けています。

アメリカでかつて、世界で初めてイルカを調教しテレビ番組で放映し、イルカのショーをする”sea world”を造って、大成功した調教師がいました。

その人はイルカとのコミュニケーションをしていくうちに、人と同じように高い知性を持つ生き物だということに気づきました。そのイルカは、狭いコンクリートの囲いの中で飼われているうちにうつ状態になり、ある日水面から顔をあげてその人の顔をみて、一つ息をして、水に潜りそのまま息をすることを止め、自殺したのです。

イルカは息をするのを自分で止めることができる、いつでも自分で死ぬことができるのです。人間と同じですね。

そのイルカブームを機に、世界中でイルカを捕獲し、調教し、見せ物にしてお金を稼ぐことが始まりました。

日本の太地は、毎日大量のイルカを捕獲し、世界に売り渡しています。一頭で何千ドルもの価値がつきます。残りは肉として売りに出します。でもイルカ肉としても誰も買わないので、他の肉と称して市場に出します。

イルカ漁は確実にお金が儲かる方法だからこそ、政府は何も禁止に向けての行動をしません。世界の協議の場では、いくつかの貧困が問題になっている国々が、日本の鯨漁について賛成の票を入れました。その国々は日本の政府からすでに多額の”寄付金”を前もって受け取っていたからです。

ビデオの全容はこちらから。

日本の政府と太地のヤクザが手を組んで、情報を操作しています。この21世紀にいまだにそのような体質でいる日本に呆れるし、それについて知らない日本人の無知も、とても恥ずかしい。

クジラ、イルカは哺乳類であり海で生活する長寿の生き物なので、海水中に出た汚染物質、水銀などを多量に体内に蓄積しています。それを給食で、私の記憶ではお祝いの日などに?鯨肉?などを「残さず食べましょう」と強制的に子ども達に食べさせていた、という日本人の無知さが痛々しいです。

ビデオは長いのであれですが、イルカ類の頭のよさと、日本の特に太地のビジネスの仕方と、それでも自分が世界で初めてイルカを商業に利用したために、この様な事態にまで陥った、と責任を感じているその調教師が、どうにかしてイルカ殺戮を止めたい、と隠しカメラで最後に撮った、イルカ”漁”の全貌

を時間がある時に観てもらえたら、私が感じた「無知」という印象とともに感じた日本の体質に対する不快感を、若干感じてもらえるかもしれない。

以下は最近のニュースで、日本は「生物学的な調査目的で捕獲するのだから、違法性はない」と主張している件に関して、世界の裁判所で、その主張はまっとうなものと思えない、と判決が出た。

(なぜ研究のために殺さなくてはいけないのか、筋が通らないのは明らかなのに、そういうことを主張できることが恥ずかしい。)



No comments:

Post a Comment